派遣で秘書業務を行う場合は秘書業務とプライベートを両立できる。

秘書は会社の重役の仕事をサポートする大切な仕事。

会社には社長・副社長等の重役がいますが、会社の重役を身近でサポートするのが秘書です。秘書は重役の機密情報を扱うので特に信頼ができる人格が優れた人が選ばれます。秘書に関する資格は秘書技能検定が有名で秘書に関する様々なことを学べます。その他、ビジネス実務マナー検定や社会常識能力検定があります。

秘書業務の内容は数多くありますが、例えば、秘書の一日は、出社してから重役のスケジュールや報告することを確認してから、重役の部屋を掃除して重役の出社を待ちます。重役が出社してから、スケジュールを伝えて報告する必要がある事を報告します。その後重役の来客や電話・メール等の対応を行い、重役が希望する書類や手続きを必要に応じて行います。取引先と行く店の手配や出張の手配等様々なことを行います。重役の外出にも同行する場合もあります。

秘書には派遣という働き方がある。

秘書の働き方は、普通にその会社に雇用される場合以外にも派遣という働き方があります。派遣の場合は派遣元と雇用契約を結んで、重役のいる派遣先で秘書業務を行います。派遣の場合は一定期間を決めて派遣業務を行いますが、派遣ならではのメリットがあります。

秘書の仕事とプライベートの両立が可能だと言うことです。派遣の場合は契約期間(働く期間)が決まっているので、自分のプライベートに応じて働く期間を選ぶことができます。また、派遣の場合は就業条件(働く際の条件)が自分で選ぶことができるので、例えば、週3日とか一日5時間勤務とかで働く事が可能です。この様に、派遣で秘書業務を行い働く場合は仕事とプライベートを両立できるメリットがあります。

秘書の派遣には希望通りの資格やスキルを持つ人材を雇いやすいこと、短期間での利用も可能などのメリットがあります。